変化が現れたら

コールセンターの笑顔の女性

温暖化の影響もあって、環境が変わりつつあり、害虫が住みやすい環境となってきています。
特に夏場繁殖の時期を迎えると多くの害虫が大量発生しています。
あと最近多いのは、貨物船などにくっついて、外来生物が上陸していることもあります。
害虫は私達の生活に様々な支障をきたさせる厄介な存在なので、見つけたらすぐに駆除する必要が出てきます。
特に最近では、南京虫といった昭和によく見られた害虫が大量発生しているのだそうです。
これはダニの一種で人間に危害を加えるダニです。
生息しているところは、住宅内の畳の裏や家具の裏といった影になっているところに潜んでいます。
南京虫は他のダニと違って繁殖力、生命力が非常に強いのが特徴的です。
人間を刺すこともあり、刺されると赤く腫れ痒みを帯びてしまいます。
虫刺されと間違えてしまう方もいるかもしれませんが、小さく何箇所も刺されていると思ったら、害虫だと思ってほしいと思います。
ばい菌が入ってるといけないので、普通のかゆみ止めを使わず、皮膚科に行って診断をしてもらってください。
駆除をするためには業者に依頼をしてほしいと思います。
個人でやると駆除しきれない場合が多く、再発生してしまう恐れがありますが、プロに任せれば1匹残らず駆除してもらえ、再発の心配もありません。
そうならないためにも早期発見をして、害虫対策を取ってほしいと思います。
生活する上で変化が見られたら、すぐ相談して素早い解決につなげてほしいと思います。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031